はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

【ゲイ】高校生だった僕の人生初カミングアウト体験談

ゲイ体験談
StockSnap / Pixabay

当時高校生だった僕、孤独との闘いでした。ゲイであることを誰にも言えず、苦しんでいました。

1人でずっと抱え、悩んでいました。

だからこそ「カミングアウトの方法ってどうやってすればいいんだろう…」という新たな悩みに出会ってしまいました。笑

カミングアウトしていなければ、カミングアウトの方法を誰にも相談することができないからです!

そこで今回の記事では、僕の「人生初のカミングアウト」の体験談をまとめました!これからカミングアウトする人の役に立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

初めてのカミングアウトは高校時代に親友へ…

僕が人生で初めてカミングアウトしたのは、高校生2年生のときでした。

1年生の時に、ノンケのクラスメイトを好きになってしまったんです。

僕

今考えれば、
悲劇の始まりでした。笑

ノンケくんは女子受けも良く、めちゃくちゃモテていました。

しかし中学時代からの彼女と付き合っていたので、誰も手を出せないという状況でした。

それで僕のポジションはというと、もともと好きになる前からクラスで1番仲良いクライスメイトだったので、学校にいるときは常に二人で一緒。

お前ら2人いつも一緒だな〜!!

と、他クラスの生徒からも先生からもよく言われていました。

僕がノンケくんに対する好意に気づいてしまってからも、この距離感は変わらずに学校生活を送っていました。

ゲイであることをカミングアウトしたきっかけ

モテモテのノンケくんだったからこそ、

自分が好きだということを伝えて仮に付き合えた時に、


もともとノンケだったのに「ゲイ」ってレッテルを貼られるのが僕は物凄く嫌だったんです。

僕が高校生だった当時は、「ゲイ」よりも「オネエ」とか「ホモ」という言葉の方が
広まっている印象があり、

「オネエ=笑いの対象」という風潮が強かったんです。

それで僕は、ノンケくんに対する好意を押し殺して生活していました。

友達としての距離感を保つ。もっと近くにいたいけど拒まれるくらいなら今の距離でいい。

僕

でもその気持ちって持続しないですよね。笑

結局相手に自分の思いを伝えたくなってしまったんです。

だからといって今自分がどうしたらいいのか、全然わからなかったんです。

その時に誰にもカミングアウトしていなかったし、ましてやそのノンケくんが初恋だったから、誰かに告白したこともありませんでした。

だからこそまずは誰かに相談したい!って思い、誰かにカミングアウトすることを決意しました。

人生初カミングアウトは1番信頼できる人に

僕は当時から糞ネガティブだったので

僕

カミングアウトして情報が漏れて攻撃されたらどうしよう…

ってことが1番心配していました。

今は大人になって、様々なことがどうでもよく思えるようになったのですが(笑)

当時の僕は陰口を言われるのが怖くて、そこから影で団結されて「直接集中攻撃されたらどうしよう」という考えがずっと頭の中にありました。

だから自分はまず条件を決めてカミングアウトする人を慎重に選びました。

  • 親友と呼べる人
  • 心から信頼できる人
  • 裏表がない人
  • 客観的に物事を判断できる人
  • その人の意見をしっかりと聞き入れられる人

この5つの条件をあげました。これが当時の僕のカミングアウトする最低条件だったんです。

それでこれに当てはまる人が、高校の親友のにゃんでした。

当時から月に1回くらいのペースで放課後に会っていたました。

いつも通り僕とにゃんが放課後に遊ぶ予定を立てたのですが、僕の中で「この日にカミングアウトしよう!」と決めておきました。

僕はぶっつけ本番でしゃべれるタイプではないので、カミングアウトしようと決めた当日の前日は、カミングアウトするセリフを紙に書き出して、説明する練習を一人でしていました。

僕

これでにゃんに嫌われたらどうしよう…

と、前日からめちゃくちゃ心配していました。本当に怖くて緊張していました。

カミングアウトする当日

とある放課後、いつも通り集合していつも通り遊びに行く僕とにゃん。でもソワソワしている僕。

僕

今日はにゃんに話したいことがある!

と僕から切り出して、もう後にも引けない状況にして、僕から話しだしました。

いつもと違ってかなり緊張していたので、にゃんはきっと察していたのでしょうが、しっかり僕が言い終わるまで口を挟まずに聞いてくれました。

僕は話し終わったあと、受け入れてくれるのかどうかがとても心配でした。

しかし実際は、にゃんがしっかり客観的にアドバイスをしてくれました。

そのあとはホッとして、ずっと泣いてたと思います(笑)

こうして僕の初カミングアウトが終わりました。

ゲイであることをカミングアウトした後の生活

このカミングアウトが無事成功して
にゃんがしっかりと受け入れてくれた経験が
自分の中で自信につながり

時間はかかりましたが
今現在、私生活で関わる人全員にはカミングアウトをして生活しています。

これは友達だけでなく、
家族全員もです。

この状態になるまでには
にゃんにカミングアウトしてから
10年近くかかりました。

時間がかかった分、
かなり苦労しました。笑

しかし今となってはカミングアウトしてよかったと思います。

現在も職場では全面的にオープンに
とまではしていないので
少し我慢して距離を置く瞬間もありますが、

私生活ではそれが完全になくなりました。

どんな人がタイプなんだ〜って話もできます。
この人がパートナーだよって紹介もできます。
パートナーとの相談も友達にできます。

これってどれもノンケにとっては
当たり前のことだと思うんですが

我々からするとかなりハードルがいることなんです。
だいたいの人がそれができずに嘘をついて生活しています。

それがストレスなくできるって
かなり幸せなんです。

まとめ

今回は僕の初カミングアウトについてまとめてみました。

僕は初カミングアウトの前と比べると
ストレスがかなり減ったので

カミングアウトを悩んでいる人には
絶対にカミングアウトすべきだと思います。

ただそれは
その人の生活環境によっても大きく変わります。

だって
「カミングアウトできるもんなら、そうしてるわ!」
って人もいると思います。

だからこそ難しいですよね。

次の記事ではカミングアウト前に知っておいてほしいことをまとめたので
もしよければそちらも参考にしてください!

それではまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました