はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

【LGBT】カミングアウトする前に知っておいてほしいこと

LGBT
Free-Photos / Pixabay

こんにちは!ばんです!

前回の記事では、
人生で初めて友達にカミングアウトしたときのことを書きました。

当時のことを振り返ってみて
あの頃は人生に絶望しながら生きていたけど
今となってはポジティブに受け止めて生活できているので
なんだかんだ楽しい人生を送れています(笑)

なんでも時間が解決してくれるって言葉は
案外間違っていないかもしれませんね。

ということで前回の最後にも書いたように
今回の記事ではカミングアウトをする前に
あらかじめ知っておいてほしいことを書いていきます!

スポンサーリンク

カミングアウトは最終手段

カミングアウトするタイミングって
きっと「何かの課題を解決」するためだと思います。

その解決方法ってよく考えてみると
たくさんあると思います。

その中の1つに「カミングアウト」があると思いますが、
「カミングアウト」は最終手段として取っておくべきだと思います。

なぜなら、
今これを調べてこの記事を見ているってことは、
僕と同じで慎重に行動したい派ですよね?

そもそもオープンに誰でもカミングアウトできるような人なら
この記事を見ていないと思うからです。

全員が受け入れてくれるとは限らない

きつい言い方をするようですが
残念ながらこれが現実です。

特に日本って
「本音と建前」という文化があるように

建前で慰めておいて
影で悪口を言っているのはよくある話です。

だからこそ、
カミングアウトって誰にでもするものではなくて
自分が心の底から信用できる人にするべきだと思います。

なぜカミングアウトしたいのか?を考えておく

以上の前提を踏まえた上で
本当に自分がカミングアウトするべきなのかを
よく考える必要があります。

カミングアウトせずに問題解決できるのなら
カミングアウトしないほうがいいと
僕自身は思います。

だからこそ学生生活の大半は
カミングアウトしていない友達と遊んでいました。

それで支障ない時は
それが1番幸せだと思います。

しかし、
大人になるにつれて
そうも言ってられないこともありますよね。

具体例をあげますが、
先日の記事で書いた通り僕は半年で正社員を辞めました。

LGBTに対する差別的な発言が多い社風に
僕は耐えられなくなってきた時に
解決策を考えていました。

上司の言動を変えるのは難しかったので
まずは自分が変わることをメインに考えました。

そして行き着いた答えは
社内のうちの同期1人だけカミングアウトして
週に1回2人で飲みに行くということでした。笑

今考えても
それが当時の最善策だったと思いますが、

必要最低限のカミングアウトで生活していました。

このように解決方法をよく考えて
カミングアウトすることをオススメします。

友達が増えるかも?

カミングアウトすることによって
良いこともあります。

僕の場合は高校生の時に、
友達にカミングアウトしたことによって

「同じように悩んでいる人が友達にいる」と言って
その人を紹介してくれました。

僕が高校生の頃は
まだスマホもSNSも今ほど普及していなかったので
ゲイの人と交流するのが難しい状況でした。

掲示板とかを使っていた時代ですからね。笑

そのため、
友達のつながりで知り合いができるのは
とても安心感がありました。

受け入れるための時間が必要なこともある

とはいえ、
カミングアウトする相手は人間であり
ロボットではありません。

そのため
相手にも考えがあります。

「え?それで?」
と軽く受け入れてくれる人もいれば

「ちょっと距離を置いて考えさせて」
と言ってくる人もいます。

僕は初恋の人がノンケくんだったのですが
その子にもカミングアウトをしました。

しかし結局その日から
話をしてくれなくなってしまいました。

当時の僕は
「引かれてしまった…言わなきゃよかった…」
と思ってしまいましたが、

今考えればノンケくんは受け入れる時間が長いタイプの人で
カミングアウトされた後にどのように接していいのかが
わからなかったんだと思います。

だから相手を信じて待つのも
カミングアウトする人に必要な態度だと思います。

家族のカミングアウトは難しい

これはよく言われる話です。

僕のまわりには
ゲイの友達がたくさんいるのですが、

家族、特に親に対してカミングアウトしている人は
かなり少ないです。

波長が合わない友達とは
距離を置いていれば連絡しなくなりますよね。

しかし家族となるそうはいきません。

縁を切りたくても切れないですよね。

だからこそ慎重になるようです。

そして家族側も色々考えるようです。

家族だから理解できることもあれば
家族だからこそ理解しにくいこともある。

友達はあくまでも他人だから割り切れるけど
家族となるとそうもいきません。

だからこそ家族のカミングアウトは
最初にすべきではないと思います。

ある程度友達にカミングアウトして
自信がついてからのほうがいいと僕は思います。

家族にカミングアウトするタイミングは?

家族こそ受け入れるための時間が必要だと思います。

だから僕は
1人暮らしなどで
実家で生活していない環境にいるときがオススメです。

カミングアウトした後に
気まずい空気感の中で一緒に生活するのはしんどいと思います。

しかしそれは家族側も同じように感じているでしょう。

だからこそお互いに
距離感を取っている状況で実行すべきではないでしょうか。

まとめ

今、高校生のときの僕に教えてあげたいことを中心に
今回の記事を書いてみました。

この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

幸い僕自身は
LGBTに理解ある友人に恵まれ
カミングアウトしてよかったなと思います。

特に大学は医療系の大学に進学したので
授業でこのテーマがよく取り上げられていたこともあり
特に大学の友人は全く抵抗がありませんでした。

このような人たちが1人でも増えて欲しいと願うばかりです。

昨日今日と渋谷ではプライドがありましたが
少しでも理解が進んでくれればいいなと思います。

それではまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました