はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

【体験談】ゲイの僕がストレート女性3人と恋愛感情でもめた話

ゲイ体験談
lukasbieri / Pixabay

今回の記事では、
女性3人から同時にモテてしまったときのことを書きます!

ストレートの男性だったら
嬉しい状況ですよね?笑

しかし僕の恋愛対象は「男性」なので
「嬉しい!」というより「やばい!」で、
アルバイトを変えようか真剣に悩みました。笑

何かの参考になれば嬉しいです。笑

こんな記事を書いといて
僕自身全然男性にはモテません!!!!!

しかも女性にモテたのも
大学生の間だけでした(笑)

今は枯れた社会人です。笑

経緯を説明します!

僕が当時働いていたアルバイト先は
アルバイト従業員が約300人いるマンモス店舗でした。

かつ男女比は2:8ほどで
圧倒的に女性が多い職場でした。

そしてその中に店舗が4つあって
シフト次第で今日はA店、明日はB店、などと働くスタイルでした。

なので出勤するたびに
全然違うメンバーで働くという感じです。

しかも男女比がこうなので尚更男性と一緒に働く機会が少なく、
男性といるより女性と一緒にいるほうが気が楽の僕にとっては
とても働きやすい環境でした!

そんな中、事件は起きた。

気づけば3人の女性がぐいぐい来ていました。笑

最初は新人だから仲良くしてくれてるのかな~と思ったんですが
2か月以上その状態なので

これは何かがおかしい…

と、
ようやく気付いた、という感じでした。

しかも別のスタッフから

実際、どう思ってるのよ~

と聞かれる状況が何度もあったので
気のせいではありませんでした。

(多分このバイト先で以上にモテたのは
アルバイトのユニフォームがかっこよかったのと
それが無駄に似合ってただけだと今は思います)

その女性3人は

  • 同期の年下
  • 1年先輩の同い年
  • フルタイムのベテラン

という全く違うジャンルの3人で
どの人も適当に追い払えないポジションの人でした(笑)

その時の心境

まだその頃は
オープンにカミングアウトしていなかった時期なので
もちろん職場にカミングアウトしている人はいませんでした。

恋愛対象としてみることもできなかったので
僕はいかに相手を傷つけることなく諦めてもらうかを真剣に考えました。

この傷つけるという感情の中には
「ふられた…」という感情のほかに
「ゲイの人をを好きになってしまった…」というショックを与えたくなかったんです。

実際そこにショックを受ける人がいるのかどうかわかりませんが
自分だったら思うかな~と。

それから実践したこと

接する時間を短くする

まずやったことは
そのアルバイト先で働く時間を短くしました。

一番早い時間帯の一番短い時間が
7:00~12:30というシフトだったので
率先してそのシフトに入りました(笑)

理由は
そもそも朝が早すぎるシフトで人気がなかったということと

自分自身が早い時間帯に入れば
たとえ同じ店舗でシフトが被ったとしても
時間を短くすることができるためです。

また、
自分が先に退勤してしまえば
相手に待たれることもないし

一緒に帰るように誘われても
「このあと用事がある」などと伝えることができました!

SNSアイコンを仲が良い女友達との2ショットに

この女友達はアルバイト先の人ではないので
全員全く面識のない人でした。

この人に協力してもらい
事が落ち着くまで写真上だけ彼女のふりをしてもらいました。笑

それまでずっと自分自身の写真だったので
それに変えただけで

ねえばんくん!
あれは彼女さん?

と、アルバイト先の主婦を中心に話題になりました。

主婦の方々はチェックが早いですね。笑

そのおかげで
3人のうち2人はぐいぐい来なくなりましたが
問題はまだ1人いました。

彼女の弱点が1つもないということにする

僕は割と完璧主義なところがあるので
この設定にすることにしました!

そしてこの設定の利点は
どんなに彼女のことを深く聞かれたとしても

いや、そんなことは別にないですね~

とだけ言っていれば話が勝手に収束していくし
特に嘘を言っているという罪悪感もないことです。

しかもアイコンに映っているその女友達も
写真だとめっちゃかわいいので
その設定でも特に疑われることもありませんでした。

こうして3人目も無事諦めがついたのか
ぐいぐい来なくなり

その後は安心してアルバイトをすることができました。

まとめ

人間が多く集まってしまうと
恋愛感情が芽生えてしまうのは仕方のないことだとは思います。

だからこそ好きになってくれたことはとてもありがたいことだし
その気持ちもとても大事にしたかったんです。

上記の実践したことが正しかったかはわかりませんが
その後それぞれの方にパートナーができたことを知ったので
とても安心しています(笑)

自惚れた記事になってしまい失礼しました。笑

それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました