はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

【体験談】続・ゲイカップルと遊んでいたら三角関係になった話

ゲイ体験談
Wokandapix / Pixabay

以前「ゲイカップルと遊んでいたら三角関係になった話」という、こちらの記事を書きました。

TくんとSくんが付き合って別れるまでの話でしたが、TくんとSくんのそれぞれで続きがあります!!

そこで今回の記事ではこの続きの話をまとめました!笑

僕

生きるって難しいなって思いました。笑

Tくん

もともと僕はTくんつながりで2人と仲良く遊ぶようになりました。

だから僕はこれからも、Tくんとは友達として連絡を取っていたい気持ちがあったし、別れてからTくんのメンタルが心配でした。

しかし2人が別れる原因が僕のようなものなので、2人とはしばらく会わないようにしておこうと思っていました。

TくんはSくんと付き合っている間、僕とSくん以外の人と遊んでいなかったと思うので
(他の人と遊んだ話を聞いたこともなければ、遊んだ形跡もありませんでした)

Sくんと別れた瞬間、遊ぶ相手がいなくなってしまったと思います。

Sくんと別れたことによってSくんと遊ばないし、僕も会わないようにしていたので、実質遊び相手はほぼ0になったでしょうね。笑

かまってちゃんすぎ問題

Tくんはもともとかまってちゃんなので、LINEを送ってくるときも

Tくん
Tくん

ばんばんばんばん!!!!!!!
遊ぼ遊ぼ遊ぼ遊ぼ遊ぼ!!!!!!

みたいな感じで送ってきます。笑
(スタンプ10個とともに。笑)

しかしSくんと別れてからのTくんに会う気は全くなかったので、結構素っ気なく返事したり、そもそも返事しなかったり、という接し方をしていました。

別れてから数週間後、Tくんが突然LINEで売り専ボーイの画像を送ってきて

Tくん
Tくん

俺、この人よりもばんとやりたい♡

とLINEが来ました。笑

売り専
男性が男性客相手に体を売る仕事。

はてなキーワードより引用
僕

わざわざ売り専を解説しなくていいよ!!!
って声が聞こえてきそう。笑
一応ですよ、一応。笑

こういう話で嬉しくなる人っているんですかね。笑

僕には全く理解できません。笑

ボーイの方々を否定するわけではないんですが、僕自身は絶対に手を出さない世界なので、その方々と比較されても、ベクトルが違いすぎますよね。笑

そして誰に対しても所謂下ネタの話をするのがあまり好きでないし、3人で遊んでいるときも

僕

ごめん、そういう話まじで嫌いだから
僕がいない2人でいるときだけにして

と普通に言っていたからこそ、LINEでさえも正直許せませんでした。笑

今冷静に考えれば、ただかまってほしかっただけだったんでしょうが、当時の僕は全然許せなかったし

僕

Tくんのこと結構心配していたのに
そんなLINE送ってくるのかよ。
よくそんな内容送ってきたな。
しばらく本当に関わるのやめよう。

と心の底から思いました。

こういうメッセージは月に数回、半年くらい来ました。笑

もちろん全部既読無視しました。笑

そしてとうとうもう無理だと思い、LINEをブロックすることにしました。笑

僕

一件落着…

Facebookで連絡してきた

Facebook上で友達になっていたことをすっかり忘れていました。笑

僕とTくんとSくんは結構前からしっかりSNS上でもフォローしていました。笑

そのためFacebookのMessengerで連絡をしてきたのです。笑

Tくん
Tくん

ばん~LINE変えちゃったの?
俺いつになったらばんとやれるの??笑

まさにこんな文章でした。笑

僕

うわ~まじか~
Facebookで連絡してきたのかよ…

僕はそんな感情を抱いていました。笑

皆さんはFacebookをどのように使っているかわかりませんが、僕はFacebookを結構大切に使っています。

僕自身の更新頻度は年に1回程度とかなり低頻度。

しかし普段全然連絡をとっていない友達でもFacebookを見ていれば

僕

うわ~!!!結婚したんだ!!!!

僕

今海外で仕事してるんだ~すごいな~

と彼らの近況をすることができます。近況を知るだけでなぜか安心しませんか?笑

こういう点はSNSの中でもFacebookが特に優れていて「思い出」や「出来事」を共有しやすく、使いやすいと思います。

しかも同世代の友人だけでなく、年齢が離れた人や友達の親であっても、「友達」にさえなっていれば知ることができるってすごいと思います。

裏を返すとFacebook上の友達は、これからも大事にしていきたい友達とい感じで友達申請をしています。

TくんともFacebook上ではブロックしたくないという気持ちがあったので、今まで思っていたことをすべて話しました。

一応和解することができたので、それ以降は嫌な気持ちを抱くようなメッセージが送られてくることはなく、近況報告とか世間話をするような以前の仲に戻りました。

現在の連絡頻度は年に数回のみとかなり減ってしまいましたが、いい関係を保っていると思っています(笑)

僕

相変わらず、
僕はあの日以来Tくんに会っていないままです。笑

Sくん

Sくんは客観的に物事を判断するのが得意で、的確なアドバイスをくれるんです。

僕は結構重い家庭環境なので、他の友達に相談しても

ちょっと、話が重すぎてなんて言っていいのか全然わかんない…

なんか、色々大変だね…

と言われるケースが多かったんです。笑

Sくんに話すと絶対に1歩踏み出すための何かしらの解決策やアイディアをくれます。

そのため、2人が別れる前から色々相談にのってもらっていました。

2人で遊ぶ仲に

そんなSくんに対して「友達として」かなり信頼していました。
(もちろんここには僕の恋愛感情は全くありません。断言します。笑)

SくんとTくんが別れて半年くらい経っていたので、2人で遊んでることに違和感を感じることもなく、

僕

3人で揉めていたのはもう過去。
もう気にしなくてもいいだろう。
今は、普通に友達として遊んで話を聞いてもらう仲。

と僕は思っていました。
(僕自身過去を振り返るのがあんまり好きじゃないので、過去は過去と思っています。)

ある日、いつも通り相談をして帰り際に

僕

絶対に恋人になることはないけど、ずっと友達でいてね!!

と僕がSくんに対して言ったことがあります。笑
今考えれば無神経な言葉すぎました。笑

とある休日

月日は流れ、ちょうどこの記事で紹介した帯状疱疹になる直前。

僕とSくんは職場の最寄駅がたまたま同じで、仕事に行き詰まると終電まで話を聞いてもらい、それぞれ電車に乗って帰る、という生活を送っていました。

僕はレストランでバーテンダーとして働いていてお店が結構バタバタしていたので、ほぼ休みなく働いていました。笑

かつお店の雰囲気も良くない時期で、精神的にもかなり行き詰っていました。

それでたまにある休日のストレス発散法は「お酒を飲むこと」でした(笑)

お酒を飲むことで、バーテンダーとしてのお酒の勉強もできるし、ストレス発散にもなるから

僕

お酒を飲めば勉強にもなるし、ストレス発散にもなる素晴らしい液体だわ~お酒よありがとう〜

みたいに思っていたと思います。笑

とある休日、Sくんの家(一人暮らしをしていました)で、お酒を飲みながら映画鑑賞をしつつ仕事の愚痴をたくさん聞いてもらうという日でした。

僕

酒が飲める~♪酒~♪

僕自身お酒はそれほど強くなく、一般的な大学生くらいの強さ?ですかね(笑)

それでこの日は僕とSくんの2人で、ジンを1ボトルとワインを2ボトルあけました(笑)

最初はしっかり映画を観ながら話をしていたのですが、お酒で酔ってきたのと最近の疲れのせいで気づいたら寝てしまい、目が覚めると外はもう夕焼け空になっていました。(多分3時間くらい爆睡していました。笑)

僕

あれ、Sくんがいない…ん?

気づいたら、座りながら僕の後ろからハグしていてそのままの態勢で爆睡していました。しかも片手は僕の股間の上にある。笑

起こさないように手を振り払おうとすると、案の定Sくんは起きてしまいました。笑

Sくん
Sくん

ん~寝てた~おはよ~

と言いながらキスしようとしてきたので、全力で阻止したら

Sくん
Sくん

なんでダメなの?俺とばんの仲でしょ?

俺、やっぱりずっと友達でいるのって嫌なんだよね!

と言われ、自分の中で処理しきれなくなってしまったので、僕はそのまま帰ることを伝えてSくんの家を後にしました。

僕

きっとこの出来事のストレスも重なり
帯状疱疹になったと思います。笑

何が嫌だったのか

以前別の記事でも紹介したのですが、僕自身リアルの時のお酒で結構失敗してきたので、

お酒は仲の良い友達としか飲まない」と決めていました。そしてSくんはそのうちの1人でした。

「友達として仲良くしていきたい」という気持ちをSくんに伝えていたし、Sくんには僕が人間関係で苦労してきた話をほぼ全部していたので、このつらさをわかってくれていると思っていました。

そしてもう1つ問題なのは、当時Sくんには「パートナーがいる」ということ。笑

しかもその相手の方とは話したことはないけど、僕はその人と職場が近かった時期があったから、存在はお互いに知っていました。笑

彼氏さんのことを知っているからこそ2人が付き合っていることが実感できるし、彼氏さんに対してとても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

「今は彼氏がもういるし、Tくんとの3人で揉めたのも過去の話だから大丈夫」と思っていたのはとても安易でした。

僕

度々揉めるけど、Sくんとは今もちゃんと仲良くしています。笑

学んだこと

僕自身、ゲイの人と友達を続けるのは難しいと感じました。

これって僕の周りだけなんですかね。笑

ありがたいことに僕の周りで、僕のことを好いてくれる方は何人かいます。僕自身は誤解を与えないように「好意はなく、友達として仲良くしたい」ことを伝えた上で仲良くしています。

しかし相手からしたら、セクシャリティ的には付き合える人なのに、付き合えず友達としているもどかしさを感じるのも事実だと思います。

「友達」ってとても難しいです。笑

あと、相手の下心が見えてしまった瞬間にかなり幻滅してしまいます。笑

異性間だとこの点はかなりナイーブなイメージがあるんですが、ゲイの方だと露骨だな~と思います。

レズビアンの方とも仲良くしているんですが、レズビアンの方でもあまりこのようなことはないと言っていたので、ゲイ特有なんですかね。笑

もっと友達として仲良い人を増やしたいと思っているのですが、友達という線引きがどこにあるのかがわからないです。笑

皆さんも人間関係のトラブルにはお気をつけください。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました