はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

【LGBT】仮眠室環境を是非改善してください!

LGBTフレンドリー
freefaithgraphics / Pixabay

こんにちは!ばん(@banlife_blog)です!

今回の記事では
僕がホテルで働いていた時に使っていた「仮眠室」
抱える問題について書いていきます!

この記事は
仮眠室を持っている企業などで
仮眠室を管理している担当者の方に読んでいただきたいです。笑

是非改善してもらいたいです。笑

トランスジェンダーに対する配慮がない

タイトルが「ゲイ」なのに
なんで「トランスジェンダー」の話をするんだよ?
って思った方もいるかもしれません。

僕のセクシャリティについてはこちらでまとめてありますので
もしよければこちらもお読みください。

この時期はまさに「Xジェンダー」という感じで
自分の性別がよくわからなかった時期です。


Xジェンダーとは「身体的性別に関わらず、性自認が男性にも女性にもあてはまらない」という性自認を指す、日本でうまれた言葉です。

JobRainbowより引用

ただ一つ断定できることは
男性と接するのがとても苦手に感じていた時期」でした。

出勤してシフトメンバーが9割男性の日には
かなり憂鬱な気分で働いていました。笑

そして僕のシフトは半月以上が泊り勤務だったので
仮眠室を使わなくてはいけない日が多かったです。

仮眠室などの配置場所

僕が勤務していたホテルでは
まず男女共同のロッカールームがあり
その奥に男女別々の更衣室があります。

更衣室の奥に行くと
・トイレ
・シャワールーム
・仮眠室
があります。

そのため更衣室に一歩入ってしまえばその奥は
完璧に男女別々の空間になっていました。

更衣室で着替えるのが嫌だったので
僕は出退勤の着替えるときはトイレの個室を利用していました。

しかし、問題は仮眠の時間です。

皆パンツ姿で歩き回る

更衣室から奥は完璧に男性だけの空間だったので
仮眠する従業員は

更衣室で着替えてパンツ姿になる

仮眠スペースに荷物を置いてシャワーを浴びる

シャワー後パンツ姿のまま寝る

翌朝パンツ姿のまま起床し着替えて出勤する

という方が非常に多かったです。

たまにしっかりとパジャマやナイトウェアを着て寝る人もいましたが
本当に稀でした。笑

この気持ちわかりますかね???
僕からしたら「見てはいけないものを見てしまった」ような感覚でした。

しかしそれを見て恥ずかしがっていたら
逆にまわりからしたら怪しいですよね???
怪しすぎます!!!!笑

だからこの悩みを全然
まわりの人に言えずにいました。

更衣室を通るときは
極力早歩きで仮眠室やシャワールームに向かっていたのですが…

一番の問題はシャワールーム

更衣室以上に問題だったのはシャワールームでした。

シャワーがある個室が5つあるんですが
半畳も無い、かなり狭いシャワーブースなうえに

シャワーブースを出たら
もうそこは更衣室のような大部屋でした。

僕は体育会系の人間ではないから
こういう大人数のシャワールームに慣れてなかったので

この状態でどうやってシャワーを浴びて着替えろというのだ…

皆さん男性は何も気にせずパンツ姿でシャワールームに来て
そのままそこで裸になってシャワーを浴び
そのまま出てきて体を拭いて
パンツを履いて仮眠室に向かっていました。

いやでも僕はその空間で着替えたくなかったので
本当はシャワールームを利用したくなかったです!!!!笑

しかしそれをしてしまうと
ホテルマンとしての清潔感を保てず
ホテルの品位を疑われてしまうことになってしまうので
毎回頑張ってシャワーを使っていました。

心の底から
プライベートの空間が欲しいと願っていました。

当時の僕はどうしていたのか

仮眠室は毎晩男女それぞれ20名前後が利用していました。

しかも所属部署によって仮眠室を利用する時間が異なるため、
人が一瞬でも少なくなる時間を計算して利用していました。

その日の運営で予想外の混み方をして残業になった場合
僕の中の計算が崩れるので
休憩スペースなどで時間を潰してから利用していました。

ただそうすると根本的に寝る時間が削られてしまって
正直翌朝の勤務がかなりつらかったです。笑

こういうこともあって
いつも2~3時間しか寝れませんでした。

上司に相談してみた

この時、社内にカミングアウトしている人はいなかったので
そもそもこの内容を上司に相談するのはかなり悩みました。

しかしこのホテルでその先もずっと本当に働き続けたかったので
上司に相談したのですが

結局話は聞いてくれたものの改善されることはありませんでした。

それから数年経過した今でも
当時から状態は変わっていないそうです。

僕の主張する意見はかなり少数だったから
無意味な意見だったのでしょう。

しかしそれで真剣に悩んでいる人がいることもわかってほしいです。

まとめ

トランスジェンダーの方や
自分の性に違和感を持っている人は
確かにそれほど多い割合ではないかもしれません。

しかし割合が少ない人だからこそ
声を出して意見を主張することは難しいように思います。

そういう人たちが苦しい思いをすることなく
平等な仕事環境が与えらえる世界になってほしいです。

是非仮眠室を取り巻く環境を改善してくださいお願いします!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました