はじめに

ご覧いただきありがとうございます!

初めてご覧になる方は
まずこちらからご覧ください!

プロフィールを見る

ゲイアプリではこういう人に気をつけろ!写真・プロフィール編

ゲイ
TeroVesalainen / Pixabay

ゲイアプリを使ってリアルするのが一般的なゲイの世界で、自分の求めている人に出会うのってかなり難しいですよね。笑

一晩だけの相手を探している人なら全然問題ないでしょうが、恋人や友達を作ろうとしている人にとっては悩みどころだと思います。

ただ危なそうな人とリアルすると、良いことは本当にありません!経験者は言います!笑

そこで僕が今までリアルしてきた中で考えたゲイアプリ上の気をつけるべき人のポイントリアルするべき相手の選び方をご紹介します!

こんな人に読んでもらいたい
  • ゲイアプリを始めたばかりの人
  • ゲイアプリの使い方がいまいちわからない人
  • ゲイアプリで変な人とリアルしたことがある人
僕

もし時間があまりない人は
色付きの枠内だけ読めば
サクッと内容を確認できます!

スポンサーリンク

ゲイアプリ上での判断材料は?

ゲイアプリに関してはどのアプリでもだいたいの仕様はほぼ同じですよね。

その共通点である「写真」と「プロフィール文」を考察していきます!

この2つの項目に対して僕が考える「会いたくない人」と「会いたい人」を紹介します(笑)

スポンサーリンク

【ゲイアプリ】こういう人には気をつけましょう!

最初に僕が考える会いたくない人を紹介します(笑)

ゲイアプリで気をつけるべき人・写真編

  • 肌の露出度が高い人
  • 妙に写真がかっこいい人
  • 明らかに最近の写真ではない人
  • 笑顔の写真が1枚もない人

1つ1つ見ていきましょう!

肌の露出度が高い人」は
純粋にヤリ目の人が多いイメージがあります。

しかもこういうところでゲイ界のヒエラルキーを感じるのは僕だけですかね。笑

それだけ鍛え上げられるメンタルがあることは本当にすごいと思うんですが
それが全てではないと僕は思います。

僕

しかし実際ゲイの方々に人気があるのは
めちゃ鍛え上げられた人達だなと思います。
もちろん人気な人たちはめちゃくちゃかっこいいですが
「そんなに??」って思う瞬間があるのも事実です。笑

この点は個人の価値観と、どういう相手を求めるかによって変わってくるので
自分が探している人はどのような人なのかをある程度考えておいたほうがいいと思います。

次に「妙に写真がかっこいい人」は注意が必要です。

これは僕の実体験なのですが
Surgeというゲイ向けマッチングアプリを使っていたときに
これで詐欺に合いトータル5万円くらい取られました。笑

簡単に説明すると

この頃僕はSurge上で
英語と日本語を教えあえる人を探していました(笑)

そして連絡が来た相手はアメリカ出身で日本に来たばかりという人で
先日リアルしたときに性暴力を受けたから人を信用できないとのこと。

それ以来、犯罪歴を確認する意味で
「クレジットカードを使ってSafetyIDを取得して」
と言われたんです。

そしてURLが送られてきて登録し終えてメッセージをしていたのですが
数日後に気づいたらブロックされていて

そのカードの明細を確認すると
5000円くらいの利用履歴が10件ほどありました。笑

Surgeを使っている人は優しい人が多いイメージがあったので
実際に被害にあってしまうと落ち込みました。笑

こうして僕は、写真が妙にかっこいい人は少し警戒したほうがいいなと学びました。笑

僕

ただ僕がバカだっただけ
という考え方もできますね。笑

スポンサーリンク

明らかに最近の写真でない人」はたまにいます。

例えば
ガラケーで自撮りしている画質の悪い写真や
写真の背景に時期を推定できるものが移りこんでいる写真など。

本人がその写真を気に入っているかもしれませんが
相手が自分の今を認識できる写真を掲載すべきだと僕は思います。

あとは画像を変えられない理由がなにかある可能性もあります。
この場合はかなり怪しいので注意が必要ですね。

合わせて読みたい

僕の初リアルはまさにガラケーで自撮りした数年前の写真でした。
この経験があるから数年前の写真を掲示している人に
信頼を持てなくなってしまいました。

笑顔の写真が1枚もない人」は闇を抱えていそうな人が多いです。笑
こういう人とリアルするのはリスクが高いと言えるかもしれません。笑

合わせて読みたい

このリアルをした相手の方はまさに笑顔の写真が1枚もない人でした。
この経験がかなりトラウマになっています。笑

笑顔がないと親しみが湧かないと思います。

もしくは笑った自分の顔が好きじゃないのか
真顔がかっこいいと思っているのか。

いずれにせよ僕はあまり好印象を抱けません。笑

スポンサーリンク

ゲイアプリで気をつけるべき人・プロフィール文編

  • そもそも書いていない
  • 「まずは会ってみましょう」スタンス
  • 旅行日程が事細かに書いてある

そもそも書いていない」人は画像と身体情報のみという人ですね。
こういう人の写真はだいたい「肌の露出度が高い人」が多い印象があります。

あとはただ単に「書くのがめんどくさい」という人もいます。

いくら外見が良くても相手に気を使えないのはどうなんでしょうか。

これに続いて
まずは会ってみましょう」スタンスの人も同じくですが

これらの人とリアルしてみるのって正直時間の無駄な気がします。

フィーリング重視という気持ちはわからなくもないんですが

やはりある程度の情報があって
「この人とはフィーリングが合いそうだな」
「趣味や好きなものが似ているから話が合いそう」
という判断ができないと

よく知らない人とただご飯を食べて終わるだけになりかねません。

僕

このネット社会
情報が命だと思います。笑

スポンサーリンク

3つ目の「旅行日程が事細かに書いてある」人。

たまに見かけませんか?笑

しかも訪れた場所だけでなく
以前に行った旅行日程とこれから行く旅行日程。笑

先ほど「笑顔の写真が1枚もない人」で紹介したリアルした人も
このタイプの人でした。

実際僕も旅行好きなのでリアルすることにしたんですが

リアルしたときになぜ旅行記を書いているのか聞いてみたところ

「人に自慢できるようなことや趣味が特になくて
 書くとしたら旅行でどこに行ったかくらいしかなくて~」

と言っていました。笑

ただ単に旅行好きということを表現したいのか、
それほど旅行に行ける経済力があることを示したいのか。

人によって様々でしょうが、やはり好意は抱けません。笑

スポンサーリンク

【ゲイアプリ】会いたいと思う人はこういう人

僕の考える会いたい人を説明する前に
以前の僕自身のことについて話しておきます!

以前の僕はリアルの相手を探すときに
写真8:プロフィール2」の割合比で見ていました。
リアルしてみても価値観が全然合わないことが多かったです。

このままではダメだと気づき
写真2:プロフィール8」の割合比に変えて見ていくと

友達だったり恋人だったりと
長期的な関係を築けるようになりました!

こういう背景から
写真とプロフィール文について説明してきます!

ゲイアプリでリアルしたい人・写真編

以前の僕は写真でほとんどを判断していたので
顔写真がない人なんて絶対に会いたくありませんでした。笑

「自分は顔出ししてるのに
 相手が顔出ししてないのはフェアじゃないじゃん!」

「顔を出してないと、なんとなく怪しい…」

って思っていました。笑

そして「写真2:プロフィール8」と意識改革してからは
風景写真しか載せてない人や
写真を1枚も掲載していない人とも会うようになりました。

リアルしたときに写真を載せていない理由を聞いてみると

僕、○○関係の仕事しているから
業界的に顔を出して何かすることができないんだ~
だからなかなかリアルもできなくてね~

という答えが返ってきました。

顔を出したくないから出さない人もいれば
顔を出せない事情がある人もいるんだな~と学びました。

そもそも写真を掲載していても
自分の写真を使ってない人や
現在の姿からかけ離れた写真を使っている人もいるから

「写真があるから安心」という自分の考え方は
かなり的外れな考えだったなとようやく気付きました。笑

僕

写真が無い=怪しい
という考えは捨ててみたほうがいいかも!

スポンサーリンク

ゲイアプリでリアルしたい人・プロフィール文編

漠然としていますが、これにつきます!

  • プロフィール文が充実している!

言葉遣いや文章の書き方を見れば
その人の実際の話し方や価値観が想像つきやすいです。

とはいえ文章が長ければ長いほど良いというものでもありません。

そのため注目するポイントを決めて、プロフィール文を見ています!

僕が注目する点は以下の3点です!

  • どういう人をアプリ上で探しているのか
  • 好きなことに共感できるか
    • 趣味
    • 好きな食べ物
    • 好きな音楽
    • 旅行先
  • HIV検査を受けていることを明示しているか

1つ目がかなり重要ですね。

どのアプリでも募集対象を登録できますが
登録している人が少ない印象があります。笑

特に「恋人募集」を選択している人は本当に少なかった気がする。笑

だから僕は「恋人募集」が選択されている人のみとリアルするようになりました。
そのほうが健全なリアルができました。笑

では、今この記事を読んでいる人も
「恋人募集」ということで話を進めますね。

僕がパートナーに求めることは「自分の好きを共有できる」ことです。

相手がどんなにかっこよくて、自分のことを慕ってくれていても
共感できることがなかったら人間としては好きになれません。

そしてもう若くないんだから
恋愛感情というよりは一緒に生活してくれる人がほしかったので

そうなると外見よりも中身が大事になってくると思います。

僕

綺麗事に聞こえたらすみません。笑

また「恋人募集」ということは
人生のパートナーになるとも言えますよね。

スポンサーリンク

そうなるとしっかりとHIVの検査を受けている人が望ましいと僕は思います。

これは「陰性」という安心感が欲しい、というのではなく
しっかりと危機管理意識がある相手と会いたいからです。

「○○月○○日 HIV検査陰性」
という文章だけだと検査を本当に受けたことがあるのかなんてわかりません。

検査を受けたと書くだけなら誰でもできますからね。

しかしこの一文を書き加える意識があることを称賛したいです。

もし検査に行ったことがないなら、無料で検査できるので
近いうちに検査しておくことをオススメします!

僕

たまに「陰性だからどんなプレイしても大丈夫」
という考えの人を見かけますが
こういう人はちょっと怖いですね…笑

実際に僕が初めて検査に行ったとき

僕

ずっと気づかなかっただけで
陽性だったらどうしよう…

とめちゃくちゃ緊張していたことを鮮明に覚えています。

しかし知らないことがこの世で一番怖いと思います。

陰性ならそれでOKだし、陽性なら早期発見で治療できるわけだし。

実際僕は陰性だったのですが
HIVについて改めて考えるいいきっかけにもなりました。

また、たとえ陽性だとしてもしっかりと治療していればHIVは移らないという研究が発表されたことをGENXYが伝えています。

HIVを治療している人から、HIVは移らない(新研究)
「HIV陽性者でも治療をしていればHIVは移らない」という、研究結果が明らかとなった。 この調査結果は、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究チームが発表したもので、オーストラリア、ブラジル、タイの343組のカップルを4年間かけて調査。

こういう情報がまだ広まっていないのも事実です。
僕自身ももっと有益な情報を拡散できるように頑張ろうと改めて思いました。笑

合わせて読みたい

この記事を読んでいる人の中で、HIV検査を受けたことがない人もいると思います。そんな人はこの機会に検査を受けることを検討してみてはいかがでしょうか?こちらの記事ではHIV検査を受ける2つの方法を紹介しています!

最後にもう一度、「会いたくない人」をまとめておきます!

写真の注意点

  • 肌の露出度が高い人
  • 妙に写真がかっこいい人
  • 明らかに最近の写真ではない人
  • 笑顔の写真が1枚もない人

プロフィール文の注意点

  • そもそも書いていない
  • 「まずは会ってみましょう」スタンス
  • 旅行日程が事細かに書いてある

ゲイアプリを賢く使って、良い出会いを!

リアルはたくさんの人に会うのも大事ですが、時間は有益なのである程度の見極めが必要です!

そして若さという特権も時間とともにどんどんなくなっていきます!笑

是非ゲイアプリを効率良く使って、良い人を見つけて楽しい人生を送ってください!!

僕

僕は読者さん皆さんを応援しています!
何かあればいつでも連絡してください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました